湖底の泥

女子校6年の刑期を終えた女が赤裸々に泥のような呟きをするブログ

下手でも出来る初心者アイペイント①

 

 

あまりウエストに変化がないので趣味についても少しばかり記事を書こうと思います。

 

今回はドールのアイペイントについて

端的にいうと下手でも自分好みの子は一応作れるよっていう記事です。なのでほんとうに初心者向けです。傷を舐めあおう。

 

いらっしゃるか分かりませんが私のような不器用だけど初めてアイペイントやってみたいなって方向けに、下手でも自分好みの子が誕生するぞ!っていうお話ができたらと思います。

 

まずアイペイントの説明から。手順は次の記事にまとめたいと思います!

 

アイペイントというのはヘッドにアクリル絵具(リキテックス)などを用いて自分で目を描くことです!

武装神姫などのフィギュア系のペイントのことも指しますが、知識不足ゆえソフトビニール素材のヘッドに描いてオリジナルドールを作れちゃう話をします

 

一般的に有名なのはアゾン様で販売されているオビツヘッドやピュアニーモヘッドです

これらはアゾンショップで購入できます。リキテックスという実際に描くのに使うアクリル絵具もミニサイズがアゾンショップに売ってますので、一回の買い物でだいたい必要なものが揃います!

 

 

アイペできるヘッドは大まかに言って2種類

  1. 植毛ヘッド

  2. 素ヘッド(無植毛)

です。読んで字のごとくなんですが違いを軽く説明していきたいと思います。

 

 

1.植毛ヘッド

こちらはすでに髪が植わってますので目を描いて髪をカットしたら完成です。

ウィッグではないので自然な髪の流れが楽しめます!色もバリエーションがありますし、別売りの髪単体を自分で追加植毛することでメッシュや襟足などの自由度もかなり高いです。初心者はこちらの方がいいかもしれないと最近思いました。ウィッグがない分費用も手頃です。

 

2. 素ヘッド

こちらはまっさらな頭ですね!描き目でわりと人気のオビツ11用のヘッドを例にあげれば4inchウィッグを被せたりできます。

 

 

下にどろみのはじめてのアイペっ子を具体例として載せておきます。

上級者の方は全植毛などでこれらのヘッドをあえて使ってらっしゃいます。憧れますね。

①と重複しますがウィッグがある分費用がかさみます。でも、お湯パーマをせずともかぶせるだけで縦ロールっ子ができたりするのは有り難いですよね。

 

【具体例】

初アイペイントっ子

リキテックスを使って描きました

ウィッグ→DOLLCE様のウィッグ使用

ヘッド→ オビツ11用ヘッド ホワイティ

ボディ→オビツ11

お洋服→自作

f:id:hitorimidaigakulife:20180808030318j:image

 

そして今回はピュアニーモヘッド02(植毛タイプ)で男の子を作っていきたいと思います。

手順は次回の記事で。